ioqueP

ioquePと初音ミク(Vocaloid)についてのブログです。各曲についてはカテゴリ「曲置き場」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初音ミク - Reminice - オリジナル



mp3&アレンジ素材データ→http://www.sound.jp/ioquep/reminice.html



いつか見たあの場所のあの木漏れ日を

影を追う子供達の笑い声を

登り坂ゆらめいたあの陽炎を

光背に振り向いたやさしい笑顔を


忘れていたはずの遠い記憶 ああ ふと思い出す

壊れそうな愛しい記憶

気づいて

守って

そっと抱いて

そばに

心に


水溜り避けて歩く夕立の匂い

黄昏て輝いた古い町並み

窓際に押し寄せた月夜の気配

震えてた指合わせた心重ねた




そろそろオリジナルでも作るかといった理由で作り始めたもの。
作ろうと思ってから長かった。3曲ぐらいボツった。Jポップスっぽく作ってからトランスに変えてたんだけど、もう、ポップスにしか聞こえなくなって…
この曲、エラいキー高いけど最初はあと2音高かったwあんまりなんで直したけど。裏声は狙ってやったわけじゃなくって、メロ歌わせたときコレはイイって。Vocaloidは隣の音に影響されるんで、ジェンダーちょっといじるとメロディーラインによっては裏声みたいに自動で変わる。よくできてるよな。
平沢は聞いたこと無いと思うんだけど、そう言われるからにはきっとどっかで聞いてるんだろうなー。
歌詞については昔の友人の言葉をヒントに。いっしょに遊んでる時、急に立ち止まって泣き出したからどうしたよ?て聞いたら、「わかんないけど、今急に懐かしくて泣きたくなった」って。覚えてないけど記憶の隅にある光景に出くわした時、そんなことがあるのかなと思ってなにげない場面なんかを歌詞にしてみた。

ボツ歌詞:
藍色の空に消えていく風船
セロファン透かしてみた水銀灯
嵐が去った雲の影
悲しそうな誰かの横顔
スポンサーサイト

テーマ:初音ミク - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/27(木) 21:24:06|
  2. 曲置き場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初音ミク - Reminice Ballade Version - オリジナル | ホーム | 初音ミク - Alpha - Vangelis アレンジ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ioquep.blog34.fc2.com/tb.php/9-7c05103f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ioqueP

Author:ioqueP
ニコニコ動画で初音ミク(Vocaloid)を使用した曲を公開しています

ioque on Twitter

    follow me on Twitter

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ioquePへメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンクとか

    MP3とか

    ブログ内検索

    RSSフィード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。